免許って様々な免許がありますね。

 

更新が必要な免許も多数あります。
代表的な免許が運転免許。
定期的に更新しなければいけません。

 

そして看護師さんも更新が必要なんですね。
看護師資格を取ったら何もしなくてもいいのかと思っていました。

 

厚生労働省によると、保健師、助産師、看護師の人で
業務に就いているいる人は2年に1回必ず
就業情報を働いている都道府県に届けないといけないそうです。

 

この届け出をしないと違反とみなされ罰金が課せられるようですよ(>_<)
罰金額は50万円以下です。。。
きちんと届けましょうね。

 

では看護師を退職し、看護師職に就いていない人もたくさんいると思います。
そのような人は定期的な更新は必要ないようですが
名前や住所が変わった人は看護師免許の書き換えが必要となります。

 

運転免許と同じですね。

 

看護師さんの退職理由で多いのが結婚のようですから、
結婚と言えば多くの人が(女性)本名が変わったり
住所が変わったりしますよね。

 

そんなときは看護師免許も書き換えが必要になります。

 

結婚経験がなくても、引っ越し、離婚などで氏名や住所が変わることも
ありますよね。

 

注意するところが期限があること。

 

期限は変更になってから30日以内となっているそうなので
約1か月あるからと放置しておくと、うっかり忘れてしまうことも
あるかもしれませから住所や名前が変更になったら、
更新手続きをしましょう。

 

調べていてわかったんですが、看護師免許の書き換えには
長い時間がかかるようです。

 

なんと3ヶ月もかかるというのです。
運転免許の書き換えだとその日に約20分もあれば完了するというのに
看護師免許は長い期間を要します。

 

看護師免許がスムーズに行われるために
必要な書類を用意しておくといいようです。

 

申請用紙、看護師免許証、戸籍謄本、印鑑が必要で
お金も1000円かかるみたいです。

 

転職しようと考えている人、
再び看護師業務に復帰しようと考えている人も
今一度看護師免許の確認が必要です!
看護師免許は就職するときに必要となってきますから。。。
気を付けてくださいね。